ワインを買い取ってもらう前に、買取サービスのメリットを知っておくことはとてもお得ですよね!
今回はその反対、「ワイン買取サービスのデメリット」についてご紹介します。

前回の記事を読まれた方の中には、「あれだけメリットを紹介していたのにデメリットがあるとはどういうことだ!」と思われる方もおられるかもしれません。

ワイン買取りはメリットの多い優良なサービスですが、業者選びを間違えると、途端にデメリットの多いサービスになってしまう可能性を秘めています。
最近はインターネット経由の買取りサービスを提供している業者が増えたため、まともな査定額を提示できない業者も増えてしまいました。

今回はそういった「いい加減な業者を選んでしまった場合のデメリット」について解説いたします。
この記事の内容を熟読していただければ、無用なリスクを負うことなく、お得に買取サービスを利用することができるでしょう。

1.何故か査定額が低い場合がある

これはかなり多いケースではないかと思われます。
ワインに限った話ではありませんが、どんなものにでもある程度の相場というものが存在します。
ワインに対する基本的な知識を持っている業者であれば、この相場からかけ離れた査定額を提示することはまずありません。

しかし、まとまな査定のできない業者に依頼してしまった場合、妙に安い査定額が提示されることがあります。
また少しでも利ざやを稼ごうとしている業者も、極端に安い金額を提示してくる場合があります。

2.買い取り拒否をされる場合がある

仮査定では一定の金額が提示されたのに、いざワインを送ってみると買い取りを拒否をされてしまう場合があります。
これはワインの種類だけを聞いて査定額を提示したものの、実際に送られてくるワインの状態をヒアリングできていない業者にありがちなケースです。

まともな業者であれば、仮査定の時点でワインの種類だけでなく、写真の送付お願いや詳細なヒアリングを実施するよう努めています。

3.店舗により買取価格に差がある

このケースは、複数の実店舗を持っている買取り業者に依頼した場合に発生しやすい現象です。
インターネット経由専門の買取り業者は、宅配買取りを受ける場合、全ての査定を本社事務所がある拠点で実施しています。

こういった業者には、しっかりした目利きのバイヤーが常駐しているため、査定額に大きな変動が起こることはありません。

しかし複数の店舗を持っている業者に依頼した場合、実際にワインを引き取ってもらう店舗に在籍しているバイヤーの判断に査定額が左右されてしまいます。
その結果、買取り価格が変動してしまうことがあります。

4.どういった業者に買取り依頼をすれば良いのか

では損をしないためには、どういった業者にワインの買取りを依頼すれば良いのでしょうか。
以下に3つのポイントをまとめてみました。

・資格を保有しているバイヤーが在籍している買取り業者に依頼する

ワインの価値を正確に査定するためには、豊富な知識と経験が必要不可欠です。
ソムリエのようなきちんとした資格を持ったバイヤーが在籍している業者に、査定依頼を出すようにしましょう。

・ワイン専門の買取り業者に依頼する

多種類のお酒を買い取っている業者よりも、ワインを専門に取り扱っている業者を探すようにしましょう。
ワイン一本で勝負している業者は、それに見合った金額を提示してくることが多いです。

・独自の再販ルートを持っている買取り業社に依頼する

買い取られたワインは、必ず次のユーザーに再販されます。
卸業者を経由する再販ルートしか持っていない業者は、査定額が安くなる傾向があります。
卸業者に依存しない、独自の再販ルートを持っている業者を選びましょう。

最後に私がおすすめする業者をご紹介しておきます。
1つ目は「ワイン買取コンシェルジュ」です。
自前の再販ルートを持つワイン専門の業者です。
次点として「ファイブニーズ」もおすすめです。
ワインの専門業者ではありませんが、こちらも独自の再販ルートを持っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これまで6つの記事に渡って、ワイン買取サービスのポイントをご紹介してきました。
次回は「実際にワイン買取サービスを利用したユーザーの経験談」をご紹介したいと思います。